MENU

外壁清掃の内容や料金について説明しています

外観をきれいに保つにはプロの外壁洗浄・清掃が欠かせません

ハウスクリーニングと聞くと、部屋の中ばかり考えてしまいますが、外側の方が汚れやすい上手入れも行き届きません。普段はあまり気にすることがない外壁ですが、雨や雪の影響だけでなく、風によって運ばれている砂によっても汚れが目立つようになります。自宅を丈夫で長持ちさせる為には、定期的な外壁洗浄のクリーニングが必要になります。

こんな方におすすめ!

高い場所の作業にも対応します

砂の汚れだけでなく黒ずみやコケを取り除く必要がある外壁洗浄のクリーニングは、プロに任せた方が安全で安心な作業です。高圧洗浄の特殊な機械を用いて作業を行いますので、短時間の作業でも確実に汚れを落とします。特に雨によるシミなど諦めていた汚れにも特殊な洗剤を用いて綺麗に仕上げます。

外壁洗浄・洗浄の作業内容

作業内容 詳細
外壁洗浄3時間 ※範囲により変動します
高圧洗浄機による洗浄作業(足場作業は別途)
床面洗浄3時間
※範囲により変動します 高圧洗浄機による洗浄作業(足場作業は別途)

外壁洗浄・清掃の料金表

外壁洗浄\25,000 /3時間 ※範囲により変動します
高圧洗浄機による洗浄作業(足場作業は別途)
床面洗浄\25,000 /3時間
※範囲により変動します 高圧洗浄機による洗浄作業(足場作業は別途)

お問い合わせアドレス:info@k-kg.jp

外壁洗浄のよくある質問

Question

個人で外壁洗浄依頼することは可能ですか?

Answer

企業単位での申し込みをイメージされる外壁清掃ですが、個人でも法人でもどちらにも対応しています。敷地の広さによって作業時間や作業日数なども変わります。詳しい概算を知りたい方は外壁清掃の問い合わせや見積りからスタートするのがおすすめです。

Question

外壁清掃前にこちらで準備することはありますか

Answer

特に事前準備が必要なわけではない外壁洗浄ですが、作業スタッフが数日間出入りしますので、貴重品などの取り扱いに気をつけていただくとトラブルを回避できます。また外壁洗浄の作業時に車の移動を依頼するかもしれませんので、事前に別の場所に駐車していただけると助かります。

Question

どのくらいの頻度で外壁洗浄はすると良いですか?

Answer

依頼場所の建物の種類などによっても異なりますが、大掃除のような感覚で外壁清掃をする方が多いです。費用面の都合もあると思いますが、汚れが溜まらないよう1年に1回は外壁清掃を行うと見た目の綺麗さも維持できます。

Question

外壁清掃は1日で終わりますか?

Answer

建物の種類や大きさによっても作業が異なる外壁洗浄は、1日で終了する作業もありますが、丸1日の作業を数日間掛けて行うこともあります。1日で外壁洗浄を終わらせたい場合には、気になる箇所だけ依頼するなど、見積もり時にご相談ください。

外壁洗浄・清掃のお客様の声

K.M様
35歳 女性 東京都

やはり頼んで正解でした
正直あまり仕上がりを期待していなかった外壁洗浄のクリーニングですが、気になっていた汚れや増えてきたコケが取り除けたので、驚くほど綺麗になりました。作業も早く終わったので助かりました。

K.M様
35歳 女性 東京都

家が綺麗になりました
外壁洗浄がどういうものかあまり理解していませんでしたが、ハウスクリーニングの中でも大切なメニューであると実感しました。家が新築同様に綺麗になってうれしいです。

K.M様
35歳 女性 東京都

初めての依頼です 築年数の経過と共に、外壁洗浄のクリーニングを検討するようになっていましたが、依頼先が決まらずそのままになっていました。今回お願いして正解でした。もっと早く決断すれば良かったです。

K.M様
35歳 女性 東京都

高い場所の作業にも対応してもらいました
素人には難しい高い場所での作業は、外壁洗浄のクリーニングを依頼してプロに任せるしかありませんでした。満足できる仕上がりに、家族でとても喜んでいます。

外壁洗浄の流れ

現場の確認と挨拶をします

外壁洗浄は事前の現場確認が重要で、作業時間の短縮や安全性を組穂することに繋がります。外壁清掃中は、作業の騒音などでご迷惑を変えることがありますので、作業開始前の挨拶を欠かせません。

作業の準備をします

ワイヤーで吊るして作業をするなど危険を伴う作業もありますので、外壁洗浄前の準備は大切な時間です。この準備に時間を掛けて作業スタッフ同士の打ち合わせを済ませておきますと、スムーズに外壁清掃が進められます。

丁寧に汚れを落とす洗浄作業をします

作業内容によっては2名1チームで行い、高所でも安全性を確保した外壁洗浄を行います。しつこい汚れには専用洗剤を使用するなど、プロが行う外壁清掃ならではの汚れ落としが実現します。壁の素材に合わせて最適な洗剤を選んで作業をしますので、外壁を傷める心配はありません。

汚れの拭き取りをします

外壁洗浄では汚れを綺麗に落とした後に、拭き取り作業も徹底して行います。乾いたタオルで拭き取りますので、ムラがなく綺麗な外壁になります。外壁清掃の状況によっては、高圧洗浄のように洗剤を洗い流す作業もします。

後片付けをして作業終了の報告

外壁清掃で使用した道具などを片付けて作業が終了します。作業終了後にはご依頼者様に声をかけ、念の為に外壁を見ていただくこともあります。外壁洗浄の範囲や建物の大きさによって作業時間は変わりますが、早ければその日の間に全ての作業が完了します。

【コラム】外から見られる機会が多い家の外側を綺麗にする大切さ

部屋な中の多少の汚れや乱れは周囲の人には見つかりませんが、外側の劣化や汚れは周囲の人の目に触れて気づかれやすいでしょう。いくら部屋の中をハウスクリーニングで綺麗にしても意味がなくなってしまいますので、外壁洗浄のクリーニングによって建物の外側を綺麗にしておくことは大切です。勿論、建物自体の劣化を防ぐ目的もあり、丈夫で長持ちさせる為には外壁洗浄のクリーニングを定期的に行って、家そのものを長持ちさせる必要があります。

自宅でできる外壁洗浄・清掃

雨上がりの水気を利用した掃除

わざわざ道具を準備して掃除を開始するのが大変な外壁洗浄ですが、雨が降った後の水気を利用することで汚れを落としやすくするのがおすすめです。雨によるシミもできにくくなりますので、こまめな手入れによって、汚れが付着してしまうのを防ぐのが大切です。雑巾などで拭き掃除をするだけでも大きく変わります。

高圧洗浄の機械を買う

プロ仕様ではなくても、最近は高圧洗浄機が手頃な価格で買い求められるようになりました。女性でも取り扱いがしやすいコンパクトサイズが増えていて、大体の汚れは落とせるようになります。一度の沢山の場所を高圧洗浄機で掃除するのは大変ですが、少しずつの作業ならプロでなくてもある程度は進められます。

自己流での掃除を積み重ねる

外壁洗浄のクリーニングをプロに依頼する予算が組めない場合や、定期的に依頼している場合でもクリーニングまでの期間は、自己流で作業をする必要があります。汚れを溜め込まないように手入れをこまめにすることは勿論ですが、専用洗剤やグッズを揃えて自分なりに掃除をするのも一つの方法です。

お問い合わせアドレス:info@k-kg.jp

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 対応スタッフ紹介
  • インフォメーション

ハウスクリーニングお役立ちコラム

ご相談・お問い合わせはこちらから

上に戻る
メール問い合わせはこちら
© 2017 ハウスクリーニングのグッド・ライフ・パートナーズ All Rights Reserved.